スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MFC-7460DN

おおよそプリンタのトナーというものは、「トナー交換」という表示が出ても、実は若干(まだまだ?)トナーが残っているものでして。
「トナー交換」の表示を無視して使い続けられはするものですが、最近のプリンタは双方向通信によりPC画面に「トナー交換」の表示が出るものがあり、実に鬱陶しい。

ウチで使っている、Brother MF-7460DNもそういうおせっかい便利機能があり非常に迷惑重宝しております。

ところが、社員の方から「トナー交換」の表示を消したいという声がありまして。
で、調べたところ簡単に表示を消せたのでやりかたの説明です。

トナーユニットの型番は「TN-27J」です。

TN-27J
  1. 図の黄色の矢印のビス2本を緩め、カバーを外す

  2. トナー本体側の「▼」と、ギヤ側の「△2」が合っているので

  3. 「△」マークのあるギヤを抜いて、「▼」と「△1」を合わせた位置に戻す
    (ちょうどツマミ状になっているので作業しやすい)

  4. カバーを戻し、ビスを締めて元通り

こんな感じです。

でも、トナー残量が少ないので、予備トナーは用意しておきましょう。

最後に、言わずもがなですが、 at own your riskで。
スポンサーサイト

Google関数グラフを使ってみた

Googleの検索欄に関数を入力すると、関数グラフが表示されます。
こちらがオフィシャルサイト(?)のようです。
Google Inside Search - Showing some love to math lovers

普通の関数グラフじゃ飽き足らず、色々な形状を描き出している輩もいるようです。
NAVERまとめ

ネタ的には古いのですが、些細なことは気にせず、私も式を作ってみました。

(625-x^2)^0.5,-(625-x^2)^0.5,sqrt(400-abs(x)^2)*sqrt(abs(x)-8)/sqrt(abs(x)-8)-8,-sqrt(400-abs(x)^2)*sqrt(abs(x)-17.3)/sqrt(abs(x)-17.3)-8,sqrt(16-(x-4)^2)*1.75+10,-sqrt(16-(x-4)^2)*1.75+10,(4-(x-4)^2)^0.5+8,-(4-(x-4)^2)^0.5+8,sqrt(16-(x+4)^2)*1.75+10,-sqrt(16-(x+4)^2)*1.75+10,(4-(x+4)^2)^0.5+8,-(4-(x+4)^2)^0.5+8,(9-x^2)^0.5,-(9-x^2)^0.5,-sqrt(2025-x^2)*sqrt(15-abs(x))/sqrt(15-abs(x))+30,(-x*.3*sqrt(30-abs(x))/sqrt(30-abs(x)))*sqrt(abs(x)-5)/sqrt(abs(x)-5)-3,(x*.3*sqrt(30-abs(x))/sqrt(30-abs(x)))*sqrt(abs(x)-5)/sqrt(abs(x)-5)-3,(sqrt(30-abs(x))/sqrt(30-abs(x)))*sqrt(abs(x)-5)/sqrt(abs(x)-5)-4

が、これをそのまま検索欄に書き込んだらこんなことに…。
Google_Error

という訳で、いくつかに分割してグラフ表示します。

(625-x^2)^0.5,-(625-x^2)^0.5,
sqrt(400-abs(x)^2)*sqrt(abs(x)-8)/sqrt(abs(x)-8)-8,
-sqrt(400-abs(x)^2)*sqrt(abs(x)-17.3)/sqrt(abs(x)-17.3)-8,


sqrt(16-(x-4)^2)*1.75+10,-sqrt(16-(x-4)^2)*1.75+10,
(4-(x-4)^2)^0.5+8,-(4-(x-4)^2)^0.5+8,


sqrt(16-(x+4)^2)*1.75+10,-sqrt(16-(x+4)^2)*1.75+10,
(4-(x+4)^2)^0.5+8,-(4-(x+4)^2)^0.5+8,


(9-x^2)^0.5,-(9-x^2)^0.5,
-sqrt(2025-x^2)*sqrt(15-abs(x))/sqrt(15-abs(x))+30,


(-x*.3*sqrt(30-abs(x))/sqrt(30-abs(x)))*sqrt(abs(x)-5)/sqrt(abs(x)-5)-3,
(x*.3*sqrt(30-abs(x))/sqrt(30-abs(x)))*sqrt(abs(x)-5)/sqrt(abs(x)-5)-3,
(sqrt(30-abs(x))/sqrt(30-abs(x)))*sqrt(abs(x)-5)/sqrt(abs(x)-5)-4,


んで、これらを合成すると
dora
こうなります。

実はコレ、自サイトにて2009/02/27~03/03にRhinoscript(Rhinocerosのスクリプト言語)で書いたものを、Google Graph用に関数に直したものです。

やってる事はたいしたこと無いんですが、Google Graphで使える関数のマニュアルが無いんで、そこらへんが苦労したかな。

あとは、10<x<30 みたいな範囲を作ることで、これはちょっとトリッキー(インチキ?)な方法で対処してあります。

可変型キャリア製作ノート(3)

2012年9月30日


ラジコン受信機の信号をマイコンで読むには、浅草ギ研さんのページを読むとパルスの幅を読んでやれば良いようです。

パルス幅を読むのにはオシロスコープが必要なんですが、オシロは以前から欲しかったものの、高いのとあまり使う機会が無いのとで買いそびれていました。
そこで調べてみたところ、秋月電子安価なオシロのキットが発売されていたので、今回の件をきっかけに購入することにしました。。

ただしオシロの使い方は全くと言っていいほど知らないので、仮に間違った使い方をして壊してもダメージの少ない物にしようと、このキットにしました。
SANWA U-30
ついでに、デジタルマルチメータも買うことにしました。
テスター自体は持っているのですが、サンワのU-30という30年以上前にかったアナログテスターなので、これもきっかけと思い購入しました。
(っつか、弟がアナログテスター使えず、必要時にいつも私が呼ばれて測定しているので、デジタルテスターなら使えるだろうという目論見もあったんですけど)

買うにあたり、別件でデータロガーが必要な案件の打診があったので、周波数カウンタ機能とシリアル通信機能のあるM-6000Mというやつにしました。

オシロスコープもデジタルマルチメータも個人的に買ったものだからRINCに請求はできないよなぁー(笑)

軍人将棋

前回、ドミノを作ったのに気を良くして、今度は「軍人将棋」を作りました。
昭和世代には懐かしい、あの軍人将棋です。

gunjin.jpg

軍人将棋wikiによると軍人将棋にも色々な種類があるようです。
(もっとも、普通の将棋にも大将棋とか色々あるみたいですけれど)

今回作ったのは23枚型の軍人将棋。

gunjin2.jpg

駒は前回の残りのシナベニヤ12mm。
カットしたコマにペンで1駒ずつ文字や絵を描いて作りました。

「スパイ」がなんとなく「つげ義春」の目医者…
プロフィール

toshi_tagiya

Author:toshi_tagiya
(資)田木屋商店
ソフトウェア開発室


(資)田木屋商店 TopPage
(資)田木屋商店 SoftWare
toshi's page

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。