スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dプリンタで木型製作

木型の形状

弊社では、普段、木型屋さんからの依頼で木型をNC加工しています。
材料はサンモジュールTWを使用しています。

今回の木型は年号やロット番号を「コマ」にするような設計となりました。
いつも通りに主型と同じくサンモジュールで作成したのですが納期に余裕があったので、実験的に3Dプリンタでもコマを作ってみることにしました。
主型
コマを入れるための主型の凹み部分


不安要素

「コマ」を作るにあたり不安だったのが精度でした。
3Dプリンタで作成したコマが、既に加工済みの主型にキチンと収まるかどうかです。

3Dモデルより大きく出来てしまうのか、小さく出来てしまうのか。
後加工の難易さも実用性を計る基準となります。

希望としては、サンモジュールで作成したのと同等の精度です。
コマ(サンモジュールTW)
サンモジュールTW(主型と同材質)で作ったコマを収めた状態


3Dプリント

弊社の3Dプリンタ「Stratasys Prodigy Plus」にてコマを作成しました。
3DモデルはサンモジュールTWをNC加工したのと同じモデルを、STL形式でファイル保存したものです。
クリアランスの調整などは一切行いませんでした。

3Dプリンタで作った形状は内部がメッシュ構造になっているため、重さは比較にならないほど軽いです。
コマ比較
上:NC加工(サンモジュールTW)
下:3Dプリンタ(ABS)


結果

結果は思った以上に精度良好でした。
若干幅広く出来上がってしまいましたが、サンドペーパーで少し(0.1mm程度)落とした程度で、しっくり収まってしまいました。
コマ(3Dプリンタ)
3Dプリンタで作ったコマを収めた状態


考察

今回のコマ形状は木型表面に出るのが一面だけという形状だったので実験的に製作してみました。
まだ鋳物屋さんには見てもらっていないので製造に使ってもらえるかわかりませんが、これが「型」として使えるならば、また別の部品も製作してみたいと思います。

また、今回は簡単な形状だったために一発でキレイに収まったのかもしれません。
鋳物屋さんからOKが出ればもう少し複雑形状も製作してみたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

toshi_tagiya

Author:toshi_tagiya
(資)田木屋商店
ソフトウェア開発室


(資)田木屋商店 TopPage
(資)田木屋商店 SoftWare
toshi's page

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。