スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイル選択サブルーチン(small basic)

さて、SmallBasicね。

少し使って見て感じたのは、初心者用を謳う割にはちょっと弱い部分があるような気がしまして。

挙げたらいくつもあるんだけど、とりあえずファイル関連について。
最初に思ったのは、初心者にファイルのOpen/Closeのためにフルパスを要求するのは酷なんじゃないかと。

…と、思ってファイル選択ダイアログルーチンを作ってみました。

実行画面はこちら↓

fileselect

ほとんどMS-DOS時代の画面っすね。
ウインドウとか画面構成とかボタン配置とか諸々のUIセンスが無いのは御勘弁。



操作方法

このルーチンをコールすると上図のウィンドウが開きますので、ファイル名を選択し、[OK]ボタンを押します。

  • ファイルは、ファイル名が拡張子付きで表示されます。
  • フォルダは、「<…>」で括られて表示されます。
  • 次のページに移動するには「next>>」をクリック。
  • 前のページに戻るには「<<prev」をクリック。
  • 上位ディレクトに上がるには「..」をクリック。

  • ドライブは変更できません。
  • ダブルクリックには対応していません。
  • フォルダ内に入る場合は、フォルダ名を選択して[OK]ボタンを押してください。

組み込み

プログラム内に組み込んで(コピペして)使用します。
注意点として、以下の変数名およびサブルーチン名はプログラム内で使用しているので、組み込む際には重複しないような変数名にしてください。

予約語役割
fileSelectResult選択されたファイルのフルパス
FileSelectファイル選択サブルーチン名
fileSelectClickファイルクリックイベント用サブルーチン名
fileSelectBtnボタンクリックイベント用サブルーチン名

引数・戻値

引数はありません。
このサブルーチンをコールし、ファイル選択して[OK]ボタンを押すと、変数「fileSelectResult」にフルパスが返ります。
また、スタックにも同じ値が積まれて返ります。
スタック値不要の場合は、サブルーチン最後の「Stack.PushValue( "fileselect", fileSelectResult )」をコメントアウトもしくは削除してください。
予約語以外の変数名については、呼び出し前の値を保持しているため変化しません。



プログラム概要

SmallBasicはローカル変数が使えないので、使用する変数を極力減らすような書き方にをしたため、かなり冗長な書き方になっています。
また、コール前の変数値を保持するためにスタックに値を積んでいますが、積む変数を減らしたかったのでローカルで使い変数を全て配列にして一度のスタック操作で終わらせています。

もしプログラムを解析するのであれば、「fsArr["foo"]」を「foo」の様に変換すると多少は読みやすくなります。
(vimだと、「:%s/fsArr\["foo"\]/foo/g」ね。)

あと、SmasllBasicは、「For a[1] = 1 to 10」という書き方ができないので、「For ... EndFor」ループで済むものをわざわざ「While ... EndWhile」にしています。(←これも読みにくい原因の一つ)
一応、最初にプログラム書いた時の「For ... EndFor」をコメントにして残してあります。参考まで。



fileselect.sb

'sample main
FileSelect()
GraphicsWindow.ShowMessage( Stack.PopValue( "fileselect" ), "name" )
Program.End()


'file open dialog
'use value (reserve)
' fileSelectResult : return fullpath
' FileSelect : main routine
' fileSelectClick : event file select
' fileSelectBtn : event OK or CANCEL button
'result
' fileSelectResult : return fullpath
' stack "fileselect"
Sub FileSelect
Stack.PushValue( "fileselect", fsArr )

GraphicsWindow.MouseDown = fileSelectClick
Controls.ButtonClicked = fileSelectBtn

GraphicsWindow.BrushColor = "Black"
GraphicsWindow.DrawRectangle( 1, 20, 300, 240 )
Controls.AddButton( "OK", 300, 14*20 )
Controls.AddButton( "CANCEL", 300, 14*20+30 )
fsArr["filename"] = Controls.AddTextBox( 10, 14*20 )
Controls.SetSize( fsArr["filename"], 280, 30 )

fsArr["curDir"] = File.GetSettingsFilePath() 'path "test.settings"
fsArr["curDir"] = Program.Directory + "\\"

fsArr["flag"] = 2
While( fsArr["flag"] <> 0 ) 'main loop

'directry up
if( Text.GetLength( fsArr["curDir"] ) > 3 )Then 'top directry check
fsArr["curDir"] = Text.GetSubText( fsArr["curDir"], 1, Text.GetLength( fsArr["curDir"] )-1 )
While( Text.EndsWith( fsArr["curDir"], "\" ) <> "True" )
fsArr["curDir"] = Text.GetSubText( fsArr["curDir"], 1, Text.GetLength( fsArr["curDir"] )-1 )
endwhile
EndIf

fsArr["arrDirs"] = File.GetDirectories( fsArr["curDir"] )
fsArr["arrFiles"] = File.GetFiles( fsArr["curDir"] )
fsArr["arrDirFile"] = ""

' For j = 1 To Array.GetItemCount( fsArr["arrDirs"] )
' fsArr["arrDirFile"][ j ] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrDirs"][ j ], Text.GetIndexOf( fsArr["arrDirs"][ j ], "\" )+1 )
' While( Text.IsSubText( fsArr["arrDirFile"][ j ], "\" ) )
' fsArr["arrDirFile"][ j ] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrDirFile"][ j ], 2 )
' EndWhile
' fsArr["arrDirFile"][ j ] = "<"+ fsArr["arrDirFile"][ j ] + ">"
' EndFor 'j
' For i = 1 To Array.GetItemCount( fsArr["arrFiles"] )
' fsArr["arrDirFile"][ j + i - 1] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrFiles"][ i ], Text.GetIndexOf( fsArr["arrFiles"][ i ], "\" )+1 )
' While( Text.IsSubText( fsArr["arrDirFile"][ j + i - 1 ], "\" ) )
' fsArr["arrDirFile"][ j + i - 1 ] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrDirFile"][ j + i - 1 ] , 2 )
' EndWhile
' EndFor 'i

fsArr["j"] = 1
While( fsArr["j"] <= Array.GetItemCount( fsArr["arrDirs"] ) )
fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] ] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrDirs"][ fsArr["j"] ], Text.GetIndexOf( fsArr["arrDirs"][ fsArr["j"] ], "\" )+1 )
While( Text.IsSubText( fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] ], "\" ) )
fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] ] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] ], 2 )
EndWhile
fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] ] = "<"+ fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] ] + ">"
fsArr["j"] = fsArr["j"] + 1
EndWhile
fsArr["i"] = 1
While( fsArr["i"] <= Array.GetItemCount( fsArr["arrFiles"] ) )
fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] + fsArr["i"] - 1] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrFiles"][ fsArr["i"] ], Text.GetIndexOf( fsArr["arrFiles"][ fsArr["i"]], "\" )+1 )
While( Text.IsSubText( fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] + fsArr["i"] - 1 ], "\" ) )
fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] + fsArr["i"] - 1 ] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrDirFile"][ fsArr["j"] + fsArr["i"] - 1 ] , 2 )
EndWhile
fsArr["i"] = fsArr["i"] + 1
EndWhile

'draw file list
GraphicsWindow.BrushColor = "White"
GraphicsWindow.FillRectangle( 1,1,600,18)
GraphicsWindow.BrushColor = "Black"
GraphicsWindow.DrawText(10,1, fsArr["curDir"])
fsArr["itemcount"] = Array.GetItemCount( fsArr["arrDirFile"] )
fsArr["page"] = 0
fsArr["flag"] = 2
While( fsArr["flag"] > 1 )
fsArr["flag"] = 2
GraphicsWindow.BrushColor = "White"
GraphicsWindow.FillRectangle( 2,22,298,238)
GraphicsWindow.BrushColor = "Blue"
If( fsArr["page"] <> 0 )then
GraphicsWindow.DrawText( 10, 20, "< elseif( Text.GetLength( fsArr["curDir"] ) > 3 )Then
GraphicsWindow.DrawText( 10, 20, "..")
EndIf

If( fsArr["page"] * 10 + 10 < fsArr["itemcount"] )then
GraphicsWindow.DrawText( 10, 12*20, "next>>")
EndIf
GraphicsWindow.BrushColor = "Black"

'For i = fsArr["page"] * 10 + 1 To fsArr["page"] * 10 + 10
'fsArr["arrDirFile"][ i ] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrDirFile"][ i ], Text.GetIndexOf( fsArr["arrDirFile"][ i ], "\" )+1 )
'GraphicsWindow.DrawText( 10, Math.Remainder( ( i - 1 ), 10 )*20+40, fsArr["arrDirFile"][ i ] )
'EndFor

fsArr["i"] = fsArr["page"] * 10 + 1
while( fsArr["i"] <= fsArr["page"] * 10 + 10 )
fsArr["arrDirFile"][ fsArr["i"] ] = Text.GetSubTextToEnd( fsArr["arrDirFile"][ fsArr["i"] ], Text.GetIndexOf( fsArr["arrDirFile"][ fsArr["i"] ], "\" )+1 )
GraphicsWindow.DrawText( 10, Math.Remainder( ( fsArr["i"] - 1 ), 10 )*20+40, fsArr["arrDirFile"][ fsArr["i"] ] )
fsArr["i"] = fsArr["i"] + 1
endwhile

While( fsArr["flag"] = 2 )
'event wait loop
Program.Delay(500)
EndWhile
EndWhile

If( fsArr["flag"] = 0 and fsArr["indx"] <= Array.GetItemCount( fsArr["arrDirs"] ) And Controls.GetTextBoxText( fsArr["filename"] ) <> "")then
'sub directory
fsArr["curDir"] = fsArr["arrDirs"][ fsArr["indx"] ] + "\\"
Controls.SetTextBoxText( fsArr["filename"], "" )
fsArr["flag"] = 1
endif
EndWhile

GraphicsWindow.Hide()

If( Controls.GetTextBoxText( fsArr["filename"] ) = "" )then
fileSelectResult = ""
'Stack.PushValue( "fileselect", "" ) 'cancel button
Else
fileSelectResult = fsArr["curDir"] + Controls.GetTextBoxText( fsArr["filename"] )
'Stack.PushValue( "fileselect", fsArr["curDir"] + Controls.GetTextBoxText( fsArr["filename"] ) )
EndIf
'restre value
fsArr = Stack.PopValue( "fileselect" )
Stack.PushValue( "fileselect", fileSelectResult )
EndSub

Sub fileSelectClick
fsArr["mouse_y"] = Math.Floor( (Mouse.MouseY - GraphicsWindow.Top) / 20 )-2

'file select
if( fsArr["mouse_y"] > 0 and fsArr["mouse_y"] < 11 )then
fsArr["indx"] = fsArr["page"] * 10 + fsArr["mouse_y"]
Controls.SetTextBoxText( fsArr["filename"], fsArr["arrDirFile"][ fsArr["indx"] ] )
EndIf

'next>>
if( fsArr["mouse_y"] = 11 and fsArr["page"] * 10 + 10 < fsArr["itemcount"] )then
fsArr["page"] = fsArr["page"] +1
fsArr["flag"] = 3 'exit event loop
EndIf

'< if( fsArr["mouse_y"] = 0 )then
if( fsArr["page"] > 0 )then
fsArr["page"] = fsArr["page"] - 1
fsArr["flag"] = 3 '< Else
fsArr["flag"] = 1 '.. (parent directry) & exit event loop
EndIf
EndIf
EndSub

Sub fileSelectBtn
fsArr["flag"] = 0 'main loop exit
if ( Controls.LastClickedButton = "Button2" )Then
Controls.SetTextBoxText( fsArr["filename"], "" ) 'cancel button
EndIf
EndSub
スポンサーサイト
プロフィール

toshi_tagiya

Author:toshi_tagiya
(資)田木屋商店
ソフトウェア開発室


(資)田木屋商店 TopPage
(資)田木屋商店 SoftWare
toshi's page

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。